地域猫活動

野良猫の問題は大きく分けて 、「野良猫がかわいそうなのでなんとかしたい」と 「野良猫で迷惑して困っている」の二つです。 思いは違っていても解決方法は一つです。 それが地域猫活動です。

伊豆楽園プロジェクトでは、地域猫活動を推進しています。

 

●地域猫とは

地域猫とは、特定の飼い主ではなく、その地域の人々が共同で管理している猫のこと。地域猫活動は、地域住民等が主体となり、繁殖防止の不妊・去勢手術、糞の清掃や餌やりなどを行うとともに、地域における猫に関する問題を解消します。

 

●地域猫活動の基本はTNR

  T=Trap 捕獲
  N=Neuter 不妊・去勢手術
  R=Return 戻す
野良猫に餌だけあげて不妊手術しないのは、愛護活動ではありません。
不幸な猫を増やさないようにするために中心となる活動が「TNR」です。
野良猫をこれ以上増やさないようにする事により、行政で殺処分される不幸な動物を減らすことができ、猫問題も解消できます。

●地域猫活動の流れ

①問題地区、餌やり場の状況確認
・室内飼育の検討
・頭数、性別、捕獲できるか?
②TNRの実施
・手術費用の確保
③猫の適正管理
○餌のやり方
・餌代確保
・現在の餌やり場以外には増やさない
・1日1回、近隣で管理する方が餌をやる
・1~2時間位で、餌を片づける
○猫の状況等を近隣住民等が確認する

 

●地域猫の印は耳カット

多くの市町村で行われている、手術済の印が「耳カット」です。耳カットをすることで、地域猫と他の猫の区別が可能です。

 

 

専属診療所の運営等

伊豆楽園プロジェクトは、TNR活動を推進し、野良猫問題を解消するため、正会員の獣医師と連携し、野良猫の不妊・去勢手術を主な診療内容とする専属診療所の運営を行っています。

(飼い猫の診療・手術は行っていません。)

 

正会員が運営する譲渡型猫カフェに猫を提供し、またインターネットを利用し、飼い主のいない猫の里親募集を促進しています。